吉川晃司、コント初挑戦…「大ファン」サンドウィッチマンと14年越しの夢共演でボケ担当

サンドウィッチマンと初のコントに挑戦した吉川晃司
サンドウィッチマンと初のコントに挑戦した吉川晃司
吉川晃司とサンドウィッチマンがコントに挑戦した「バナナサンド」のキービジュアル
吉川晃司とサンドウィッチマンがコントに挑戦した「バナナサンド」のキービジュアル

 歌手の吉川晃司(56)が、25日放送のTBS系バラエティー番組「バナナサンドSP」(火曜・後7時)で、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」との共演でコントに初挑戦する。吉川がこのほどスポーツ報知などの取材に応じ、新境地に懸ける思いを語った。

 14年越しの“夢”が実現した。吉川とサンドは互いに「大ファン」と公言しあう間柄で、09年に行った吉川のデビュー25周年記念シングル発売イベントで共演。その場で吉川は「いつか漫才をやってみたい」とつぶやいたが、「ずっと頭の片隅にあった」というところから今回の挑戦が始まった。

 吉川自身は「ツッコミ」のつもりだったが、サンドの提案で「ボケ」を担当。仙台の劇場での収録当日含めて3回のネタ合わせで、「ボケ」の富澤たけし(47)が作り込んだ「自虐ネタ」をマスターした。

 広島での幼少期は「毎週吉本や松竹の番組を見ていた」というだけに、「間と目線が重要」と勘の良さを発揮。本番ではアドリブを入れる場面もあった。富澤が「相当な準備がないとビビってできない」と言えば、伊達みきお(47)も「プロ意識がすごい」。サンドと一緒に番組MCを務める「バナナマン」も観客として劇場で見届け、驚きつつも笑った。

 当初は事務所スタッフに反対されながらも歌手、俳優に続く新たな一面を見せた吉川は「皆に笑ってもらいたいだけ」。その思いの根源は東日本大震災。発生から1週間後、宮城県石巻市へ支援に向かった。体力に自信があったが、何もできない。元気を届けたい一心で、父を亡くした子供に話しかけた。

 「仮面ライダーは好き?」「好きだったけど、助けにこなかったから嫌い」

 仮面ライダーの“故郷”であり、かつて自身が演じたこともあるヒーローも救えなかった。止まらない涙と共に、エンタメの無力さを痛感。「それまで己の価値観や美意識を軸にステージに立っていたけど、そんなことより皆が喜んでくれることが一番」。自身のライブでも「笑顔で再会しよう」が決まり文句になった。

 だからこそ仙台の劇場で、“約束”を果たしたかった。初挑戦のコントは「まあまあかな。軸は歌手ですけど、迷惑をかけない程度に何をやってもいいのかな」。「コントで次の目標は」。聞き終える前に、サンド仕込みの鋭いテンポで返答がきた。「そうだね。いずれは、東京ドームとかでやりたいね」(田中 雄己)

サンドウィッチマンと初のコントに挑戦した吉川晃司
吉川晃司とサンドウィッチマンがコントに挑戦した「バナナサンド」のキービジュアル
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請