【シルクカップ】青山周平が速攻で連覇飾る…伊勢崎オート

スポーツ報知
青山周平

 オートレース2022年最初のG1レース「開場45周年記念シルクカップ」優勝戦が10日、伊勢崎オートレース場の12Rを、10メートルハンデ戦で8選手により行われた。大外8番枠からトップスタートを切った青山周平(38)=伊勢崎=が1周目で先頭を奪うと、そのまま首位を譲らぬまま1着でゴール。昨年に続くシルクカップ連覇で、G1制覇は通算17回目。今回が通算70回目の節目のVとなった。2着は早川清太郎、3着は三浦康平だった。

 青山周平「スタートがすごく良かったので、1周目先頭で帰ってくることができて、自分でもびっくりする展開でしたし、ペースを上げて走ることができました。年末のスーパースターを優勝できて、そして年頭から伊勢崎で優勝を決めることができて、これ以上ないくらいうれしいです。気を緩めず今年も走って行きたい」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請