シバター、再度釈明「今回の件って八百長じゃなくて作戦だから。中の仕組みが全然違う」

スポーツ報知
シバター

 人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が10日、昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」での、元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)との“八百長疑惑”について、自身のユーチューブチャンネルで再び言及した。

 「今日はですね、ちょっと真面目にお話ししようと思います」と話し出したシバター。

 「今回、八百長って言葉をみんな使うんだけど、マスコミとかメディアも悪いよね」と発言。「八百長って言葉がみんな好き過ぎる。今回の件って八百長じゃないからね。青木真也さんが申し合わせって言葉を使っていたけど、提案とか談合という言葉が当てはまると思うけど、八百長っていうのは2人が手を組んだ状態で勝敗が決まっている。そこに博打(ばくち)がからんでいる。オカネをお客さんがかけている真剣勝負の中に実は内部で勝敗が決まっている。それを捜査する人がいるのが八百長」と続けた。

 「今回のはすごく良く言うと作戦だから。それを八百長という言葉で片付けてしまうのは、メディアは八百長という言葉で言うと耳ざわりがいいから。みんな不倫大好きでしょ? それと同じで八百長というとみんな食いつくけど、八百長とは全然、中の仕組みが違うからね。よりダーティーで問題が根深い感じになっているけど、八百長問題と今回の件は全く関係ない」と断言した。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×