シバターが“八百長疑惑”に新主張「僕は格闘技業界にめちゃくちゃお金を落としている」「シバターは無罪」

シバター
シバター

 人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が9日、昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」での、元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)との“八百長疑惑”について、自身のユーチューブチャンネルで言及した。

 シバターは今回の疑惑が格闘技界の品格を落とした、と議論を呼んでいる点について、様々なジャンルの格闘家が広告付きのユーチューブで情報発信していることを指摘。「僕は格闘技業界にめちゃくちゃお金を落としているんですよね。これは格闘業界を潤わせている。カネを落としていると言えるのではないかと勝手に思うんですけど。マイナスではないでしょう」と主張した。

 さらには、今回の騒動で格闘技において事前の申し合わせが存在する試合もあるのでは、との疑いも広がっていることに「こんなことするやつ、シバター以外いないって。現代の格闘技界において、まあないのも、見ていれば分かるでしょう。格闘技全体が疑われるようなことにはならない。見ていれば分かる。シバターは無罪だと思うんですよね」と持論を展開していた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請