「ドライブ・マイ・カー」が全米映画批評家協会賞4冠、作品賞は黒澤明監督の「乱」以来、36年ぶりの快挙

スポーツ報知
ドライブ・マイ・カー」の西島秀俊と三浦透子(C)2021「ドライブ・マイ・カー」製作委員会

 全米映画批評家協会は9日、第56回同協会賞の授賞作品を発表し、濱口竜介監督(43)の「ドライブ・マイ・カー」が作品、監督、脚本の各賞に輝き、西島秀俊(50)は主演男優賞を獲得した。

 日本映画の作品賞は1985年度の「乱」(黒澤明監督)以来、36年ぶりで、西島の主演男優賞はアジア人初という快挙。同作品は3月の第94回アカデミー賞でも国際長編映画賞(旧外国語映画賞)部門の候補にも名を連ねており、受賞の可能性が高まっている。

 さらに日本映画界にとって悲願となるアカデミー賞の作品賞にも期待がかかる。過去10年で同協会賞の作品賞は昨年度の「ノマドランド」、一昨年度の「パラサイト 半地下の家族」など4作品がアカデミー賞でも作品賞に選ばれている。第74回カンヌ国際映画祭で日本映画初の脚本賞に輝くなど全世界で35以上の賞を獲得している同作品の勢いは衰えそうにない。

 人気作家・村上春樹氏の短編小説を原作に濱口監督が独自の解釈を加えて映画化。妻を亡くした舞台俳優で演出家の主人公(西島)が演劇祭のため訪れた広島で専属運転手の女性(三浦透子)と出会い、人生を見つめ直す物語。村上氏の世界的な知名度の高さも追い風になっている。

 監督賞は第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞したオムニバス作品「偶然と想像」と合わせて受賞。濱口監督は昨年11月、スポーツ報知のインタビューで「海外映画祭でウケる公式は持っていません。作品を見つけてもらえたら、うれしいな、という感じです」と謙虚に話していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×