【阪神】矢野監督、ドラ1・森木大智に期待「将来エースでタイガースを引っ張る姿が楽しみ」

スポーツ報知
キャッチボールで汗を流す森木大智 (カメラ・馬場 秀則)

 阪神は9日、兵庫・鳴尾浜で新人合同自主トレをスタート。ドラフト1位右腕・森木大智投手=高知高=は「すごく設備が整っていて、野球をやりやすい環境だと思いますし、自分を向上できる環境」と同期とともに充実した汗を流した。

 キャッチボールやランニングなど、初日から全力で練習に取り組むルーキーたちに、視察に訪れた矢野監督は「プロ野球生活の始まりでもあり、終りにも近づいている。いつか引退、辞める時がくるんで、自分に期待しながら、悔いのないように人生を歩んでもらいたい」と訓示。さらに、「森木が将来、エースとしてタイガースを引っ張る姿を楽しみにしている」と期待を寄せた。最速154キロの剛腕は「1年目から1軍で何とか1勝取るということをテーマにしてやっているので、それを実現できるように一日一日、前を向いてやっていきたいと思います」と意気込んだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×