松山英樹は5つ伸ばして通算17アンダー8位「5アンダーはかなり悪く感じます」世界1位ら2人がコース記録を更新

スポーツ報知
3日目を終え17アンダー8位につけた松山(ロイター)

◆米男子プロゴルフツアー セントリー・チャンピオンズ第3日(8日、米ハワイ州カパルア・プランテーションC=7596ヤード、パー73)

 第3ラウンド(R)が行われ、5打差の5位から出た松山英樹(LEXUS)が5バーディー、ボギーなしの68をマーク。通算17アンダーに伸ばしたが、首位とは9打差に開き、8位に後退した。

 風が穏やかで好条件の下、上位も見える位置で出た松山だが、中盤までは我慢を強いられた。2人がコースレコードを更新するなど、周りがスコアを伸ばす中、5番パー5で2オンし、バーディーを奪った。だが、その後は好機もありながらパーを並べた。そんな中、迎えた13番パー4。右ラフからの第2打をピン左約3メートルにつけてバーディー。ようやくスコアを上げると14番、16番、距離が長いパー4の17番でもバーディーを重ね、終盤で巻き返した。

 第3R後にテレビのインタビューに応じ、伸ばし合いの展開に「5アンダーはかなり悪く感じますね」と悔しげに口を開いた。初日からティーショットを課題に挙げており、「ドライバー、アイアンもあまり良くない感じなので、その中でスコアを伸ばせているのは良かったかなと思います」と振り返った。9日の最終日に向けては「ハマれば、11アンダー、12アンダーとか出ているコースなので期待したいけど…1つ、1つ伸ばせるように頑張りたいと思います」と冷静に見据えた。

 首位スタートで64をマークしたキャメロン・スミス(オーストラリア)と、コースレコードを更新する61をマークした世界ランク1位のジョン・ラーム(スペイン)が26アンダーで首位に並んだ。ダニエル・バーガー(米国)が66で回り、21アンダーで5打差3位。世界ランク8位のジャスティン・トーマス(米国)も61をマークし、32位から8位に急浮上した。昨年大会の優勝スコアが25アンダーだった。22年ツアー初戦は好条件下もあって例年以上にスコアの伸ばし合いの展開となっている。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請