箱根駅伝を圧勝した青学大のVメンバー以外が「11区」力走 ハイテクハーフマラソン

スポーツ報知
ハイテクハーフマラソンで勢いよくスタートする青学大の選手たち

◇ハイテクハーフマラソン(9日、東京・北区新荒川大橋野球場発着公認コース=21・0975キロ、報知新聞社後援)

 第98回箱根駅伝(2、3日)で往復路を制し、総合新記録(10時間43分42秒)の完全優勝で2年ぶり6度目の栄冠に輝いた青学大のVメンバー以外の20選手が「箱根駅伝11区」として出場した。定刻の午前9時30分にスタートした。

 16人の登録メンバーに入ったが、出番がなかった選手も4年生の湯原慶吾を除く新主将の宮坂大器(3年)、横田俊吾(3年)、西久保遼(3年)、関口雄大(3年)田中悠登(1年)の5選手が出場。箱根駅伝に向けて練習、調整してきた成果を1週間後れで発揮するつもりだ。

 コロナ禍前の2020年までは1月の上旬に栃木・高根沢ハーフマラソンに「箱根駅伝11区」として出場していたが、同大会がコロナ禍の影響で2年連続中止に。昨年は相模原キャンパス内で5000メートルの学内記録会を行い、例年は参加した4年生の新号健志が特別参加し、魂の力走。2年連続で青学大チームの11番目の選手となった新号は「毎年、必ず11番目の選手がいます。11番目の選手としての見本を示したかった」という名言を残した。今回は初めて「箱根駅伝11区」としてハイテクハーフマラソンに参加した。

 「宮坂、横田、西久保、関口、田中は箱根駅伝に出場していれば復路なら区間賞、あるいは区間賞に近い走りをしていたと思います。きょうもしっかり走るでしょう」と原晋監督は青学大の「箱根駅伝11区」でハイレベルの「区間賞」争いを期待した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請