元K―1王座の久保優太、アスペルガー症候群を告白 “八百長疑惑”で「RIZINからの処分は受ける」

スポーツ報知
久保優太

 元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)が8日、自身のユーチューブチャンネルを更新。昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」で、人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)との“八百長疑惑”について再び謝罪動画を投稿。過去にアスペルガー症候群の診断を受けていたことを告白した。

 久保は「試合が終わってから、僕の中でいろいろな思いが出てきました。神聖なリングを汚したんじゃないか」と試合後の心境を告白。「思い込みが激しかったり、冗談を真に受けてしまったり」と過去にアスペルガー症候群の診断を受けていたことを告白した。

 さらに、音声データの流出の経緯などを説明。「RIZINから、なにかしらの今後処分があると思うんですけど、それはきちんと受ける覚悟です。信用を取り戻すために、自問自答して少しでも信用を取り戻せるような行動をしていきたいと思っております」と動画を締めくくった。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×