富田暁騎手JRA通算100勝「大きなレースも勝てるように昨年以上に頑張りたい」

スポーツ報知
通算100勝到達を祝福される富田(左から2人目)

 富田暁騎手=栗東・木原一良厩舎=が1月8日の中京4R・3歳新馬(ダート1200メートル)でカネトシブルーム(牡、栗東・大橋勇樹厩舎、父シニスターミニスター)を勝利に導き、現役99人目となるJRA通算100勝を達成した。初勝利は17年4月22日の京都4R(ユキノタイガ)。同年3月4日の初騎乗から、2292戦目での到達となった。

 富田騎手「今週から調教に乗せていただき、動きがよかったので自信を持って臨みました。4コーナーでも手応えもよく、前の馬をかわせればと思ったので、馬にがんばれと思いながら追いました。本当は昨年末に達成したかったですが、年明けの1勝が100勝目になるのもいいかなと切り替えてこの競馬に臨みました。今年で6年目に入り、少し時間はかかってしまいましたが、その間オーストラリアに行ったり、色々な経験ができて、これまで様々な方に支えていただき、たくさんの馬にも感謝したいです。今年は、昨年以上に成績を出したいですし、内容もいい内容を求めて、まだまだ遠いですけど数も乗って大きなレースも勝てるように、昨年以上に頑張りたいと思います」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×