【箱根駅伝】5区2位で好走した東海大・吉田響 御殿場市役所を表敬訪問

スポーツ報知
御殿場市役所を表敬訪問し、笑顔の吉田(右)と勝又市長

 今年の箱根駅伝5区で、関東学生連合を含む8人抜きの区間2位と好走した東海大の吉田響(1年)=東海大静岡翔洋高出=が7日、出身地の御殿場市役所を表敬訪問した。学生駅伝デビューで区間歴代4位の好記録をマークした「山の神」候補は「区間賞とシード奪回」を来年の目標に掲げた。

 161センチで、足を速く回転させる「ピッチ走法」が持ち味の吉田。両角速監督(55)から山上りの適性を買われ、5月から1度も大会に出場せずに「長野県の山で坂道の経験を積みました」と“スペシャリスト”としての練習を重ねた。

 高校の後輩で、5000メートルの県高校記録保持者・兵藤ジュダ(3年)が4月に入学する。シード権奪回を目標に掲げる吉田は「ジュダも強い選手なので、楽しみ」と笑顔を見せ「今回で自信がついた。来年こそはちゃんと勝ちます」と、11秒差で逃した区間賞獲得を誓った。(内田 拓希)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請