【ヤクルト】つば九郎が宣言残留 代理人のドアラもサプライズ登場で「こんかいのめだま」

残留を表明したつば九郎は代理人のドアラと握手する(代表撮影)
残留を表明したつば九郎は代理人のドアラと握手する(代表撮影)

 ヤクルトの球団マスコット・つば九郎が7日、都内の球団事務所で契約更改に臨み、年俸2万2000円アップとなる年俸5万円と「ヤクルト1000」飲み放題、活躍に応じてクーポン券支給の条件でサインした。

 12年以来2度目のFA宣言。獲得オファーは100社を超えたが、残留を表明。「おかねではなく、きもち。じぶんのこころはひとつです」と胸を張った。

 会見には、代理人を依頼した中日のマスコット・ドアラもサプライズで登場。「こんかいのめだまにしてもらうためによんだ」と満足気にうなずいた。スーツ姿で登場したドアラは「つば九郎がいなくなるとヤクルトの青汁がもらえなくなる」と代理人自ら引き留めるなど、軽快なかけ合いを披露した。

 強力な代理人とタッグを組んで勝ち取った年俸アップ。増額分の使い道を問われると「ギャンブル、さけ(酒)、けんきん(献金)」と“らしさ”全開の回答で笑いを誘った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請