本田真凜が体調不良も滑りきる 演技後半から胸元に手…表情苦しく

スポーツ報知
フリーの演技をする本田真凜

◆フィギュアスケート▽日本学生氷上競技選手権 最終日(7日、北海道・帯広の森スポーツセンター)

 2016年世界ジュニア女王の本田真凜(明大)は、体調不良に見舞われながら、最後まで演目を滑りきった。

 冒頭の2回転半―3回転トウループの連続ジャンプ、3回転フリップ、3回転サルコー、2回転半を着氷して行ったが、後半に入ったあたりから胸元を押さえるしぐさが目立ち始めた。

 なんとか最後まで滑りあげたものの、演技後はリンクサイドの椅子に座り、呼吸を整えるのに時間を要した。この日の朝の公式練習では、曲かけの途中で一度体を休める場面があった。

 試合後のオンライン取材は急きょ中止に。大会関係者は「体調が優れないので、取材は受けられないとのことです」と説明した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×