KENTAが鼻骨骨折 左股関節後方脱臼骨折などの重傷のため1・8新日VSノア対抗戦を欠場

スポーツ報知
5日の東京ドーム大会での棚橋弘至戦で5メートルの巨大ラダーから落下したKENTA

 新日本プロレスは7日、5日の東京ドーム大会で行われた棚橋弘至とのIWGP USヘビー級戦で5メートルの巨大ラダー(脚立)から落下したKENTAが病院での検査の結果、鼻骨骨折、左股関節後方脱臼骨折、背部裂傷、左環指腱性槌指と診断されたと発表した。全治は未定。8日に横浜アリーナで行われる新日VSプロレスリング・ノア対抗戦の欠場が決まった。

 KENTAは1・5のセミファイナルで行われた棚橋との反則裁定なしノーDQマッチで竹刀、ドラム缶、パイプいすでの殴打あり、ラダーからの大技ありの大乱戦を展開。最後に巨大ラダーから長机に寝かせた棚橋に5メートルの高さからのフットスタンプを仕掛けようとした際、ラダーを激しく揺らした棚橋に落下させられ、ドラム缶に顔面を強打。大流血した上、逆に5メートルの高さからのハイフライフローをきめられ、王座から陥落していた。

 8日の対抗戦には、ノア側で出場。杉浦貴、桜庭和志と組み、新日の鈴木みのる、タイチ、TAKAみちのく組と対戦する予定だった。新日は「KENTA選手の試合を楽しみにされていた皆様には、大変申し訳ございません」と謝罪した上で代わりの出場選手として「X」とだけ発表した。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×