ゆたぼん、シバター八百長疑惑に喝!「学校に行って何を学んできてん」「RIZINも終わってるわ!」

スポーツ報知
ゆたぼんのインスタグラムより@yutabon_youtuber

 話題の中学1年生ユーチューバー「ゆたぼん」が7日までに自身のYouTubeを更新。昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」での“八百長疑惑”に苦言を呈した。

 大阪府内の小学校に通っていた小学3年時に不登校となり、現在は沖縄在住。「少年革命家ゆたぼんチャンネル」は登録者数は15万人にのぼる。今回は「シバターは救えない」のタイトルで動画を投稿し、「だますのとだまされるの、どっちが悪いって言ったらだます方が1番悪いねんな。でも、だまされてしまった久保選手もちょっとだけアカンところもあって、見てるところも残念な気持ちになる最悪な試合になってしまったわけやねんな」とコメント。

 その上で「まぁ、でもだましたシバターが1番悪いやろ! だいたいな、シバターは久保選手のこと、だまされたお前が一番ダサいって言ってるけど、シバター、お前が一番ダサいねん!」と斬り捨てた。

 シバター戦も楽しみにしていたというが「あとからこれ知って一気に冷めた」と、ゆたぼん。「シバターは普通に戦って、勝つ自信がなかったから久保選手に手加減してもらったわけやろ。そんなん格闘家としてダサいし、そんな奴を出させるRIZINも終わってるわ!」とぶった切り、「それやったらRIZINも俺を呼べよ。今年の大みそか、予定あけとくからな」と自らの出場まで志願した。

 自身も昨年末にボクシングの試合に初出場。「勝つか負けるかも大切やけど、それよりも全力で戦うのが一番大事やと思うし。そういう姿を見て、みんな勇気をもらえたりすると思うねんな」と持論を展開。

 さらにシバターに対し「お前は俺に学校行けって偉そうに言ってきたけど、お前は学校に行って何を学んできてん。人をだますのは悪いことって、学校行ってたのにそんなのも分からんのか。人をだますのは良くないことやって、そんなん不登校の子たちでも分かることやぞ」と訴えていた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×