マンチェスターUがルベン・ネベス獲得か ポルトガル代表MFで中盤補強

スポーツ報知

 マンチェスターUが、今月一杯となっている冬の移籍期間中にポルトガル代表MFルベン・ネベスの獲得に動く可能性が浮上した。英大衆紙『ザ・サン』が掲載した記事によると、ラングニック監督はマクトミネイ、マティッチ、フレッジ等の中盤選手に不満を抱いており、ネベスの獲得で弱点を解消したいという狙いがあるという。

 同紙によれば、マンチェスターUはネベスが所属するウルバーハンプトンへ移籍金として3500万ポンド(約56億3500万円)を準備。ただしウルバーハンプトン側は最低でも4000万ポンド(約64億4000万円)のオファーでなけれなネベスの放出を認めない方針。しかしその差は日本円にして8億円ほどで、最終的には歩み寄りが可能な数字だと言える。

 またネベス本人も欧州CL出場を熱望。2017年に20歳でチャンピオンシップ(英2部リーグ)に所属していたウルバーハンプトンにポルトガルの名門ポルトから移籍。1年で同クラブをプレミアに引き上げて以来、ビッグクラブへの移籍を次のステップアップとして狙っているという。

 「サン」紙は同記事中「アーセナルもネベスの獲得に興味を示している」と伝えているが、プレミアでしっかりとした実績を残し、ウルバーハンプトンを中堅クラブに引き上げたネベスにマンチェスター・Uが白羽の矢を立てたのは確実だ。

 スールシャール監督を解任し、ドイル人知将ラングニック氏を暫定監督に迎えたが、新年初戦となるウルバーハンプトンとのホーム戦で1-0負けを喫し、再び不振の気配が忍び寄ったマンチェスターU。ロナウド、フェルナンデスに続くポルトガル人エースの獲得で、今後の巻き返しを図る。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×