【中日】ソフトバンクから人的補償で加入の岩崎翔が入団会見「立浪監督を胴上げしたい」背番号は16

スポーツ報知
岩崎翔

 ソフトバンクにFA移籍した又吉克樹投手の人的補償として中日へ加入する岩崎翔投手が6日、名古屋市内の球団事務所で入団会見を行った。時折、小雪が舞う極寒の名古屋に入り、球団幹部と対面。背番号は昨年まで又吉がつけていた「16」に決まった。

 バンテリンドームに隣接する商業施設でドラゴンズブルーのネクタイを購入し、会見に臨んだ右腕は「ドラゴンズには実績がある投手がたくさんいる。置いていかれないように、負けないように。みなさんから少しでも学んでいけたら。ホークスでも勝利の方程式を任されたときもあった。そこを投げられるように。そういうポジションを目指していきたい」と意気込んだ。

 高身長から150キロ超えの直球と落差あるフォークやスライダーを武器に、鷹のリリーフ陣を支えてきた右腕。立浪監督から電話があったことも明かし「本当に気をつかっていただいている。かなり気にしていただいてるので申し訳ないんじゃないか…というくらい。シーズンが終わったとき立浪監督を胴上げしたい。プレーで恩返ししたい」と指揮官の配慮に感謝した。

 18年には右肘を2度手術したが、懸命なリハビリで球威が回復。昨季48試合に登板し2勝5敗6セーブ14ホールド、防御率は4・17だったが、一時は守護神を務めるなど剛腕は完全復活の兆しをみせている。当初は沖縄で自主トレを行うプランもあったが新型コロナ感染拡大も考慮し、1月は福岡でトレーニングを行う予定にしている。

 ◆岩崎 翔(いわさき・しょう)1989年10月21日、千葉・船橋市生まれ。32歳。小2から野球を始め、市船橋高では07年夏に甲子園出場。同年、高校生ドラフト1巡目でソフトバンク入団。17年は球団新記録の46ホールドポイントで最優秀中継ぎ獲得。通算299試合30勝33敗11セーブ96ホールド、防御率3・48。189センチ、85キロ。右投右打。昨季年俸6800万。既婚。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×