元ベガルタ仙台の大久保剛志、タイで選手&指導者として奮闘中

タイリーグで奮闘する大久保(左)(本人提供)
タイリーグで奮闘する大久保(左)(本人提供)

 ベガルタ仙台、モンテディオ山形などでプレーした大久保剛志(35)=宮城県岩沼市出身=は、現在、タイ2部・ネイビーFCで副主将として奮闘中だ。今季は前半戦の全17試合に出場し4得点。けが人続出のチームは現在最下位と苦しんでいるが、3年以内の1部昇格を目指し、後半戦の巻き返しを誓った。

 タイに渡ったみちのくのストライカーは、2020―21年シーズン途中から期限付き移籍で所属したタイ1部のラヨーンでは右ウィングを主戦場に14試合出場5得点でチーム内得点王となった。多数のクラブからオファーがあったが、「お世話になったクラブで1部昇格に貢献したい」と今季は2部のネイビーFCに復帰した。35歳とベテランの域に入ったが、昨季から合わせると29試合連続先発中。右サイドバックを中心に、FW、中盤のMFなどでプレーしながら支えている。

 3年以内の1部昇格を掲げるネイビーFCだが、現在、最下位で苦しんでいる。開幕前にレギュラークラスの選手の大半が負傷離脱。大久保は副主将としてピッチ内外でフル回転しているが、「選手層が厚いわけではないので苦しい前半戦になった」と振り返った。

 中断期間を挟んでリーグの後半戦が8日から再開。いきなりアウェー6連戦とタフな試合が続く。「大幅に選手の入れ替えがあったが、シーズン終了時にみんなが笑顔で終われるように、勝利だけを目指して頑張ります」と気合を入れた。

 タイでサッカースクールを開設し、昨年11月には出身の岩沼西スポーツ少年団とパートナーシップ協定を結ぶなど指導者としても活躍中。また、盟友の心強いバックアップも始まった。仙台ユース時代のチームメートで青森県で建設関係会社の社長を務める細川雄一朗さんが、ネイビーFCのユニホームスポンサーになり、タイでもビジネスをスタート。「(僕と)彼はベガルタの血も流れている。いずれはベガルタ仙台ともいい関係性を築きたいという夢があります」と大久保。チームを残留に導き近い将来の1部昇格、そしてタイと東北を結ぶ架け橋を目指していく。(小林泰斗)

 

<大久保剛志>(おおくぼ・ごうし)1986年6月14日、宮城・岩沼市生まれ。35歳。ベガルタ仙台の下部組織出身、元U―18日本代表。05年にトップチーム昇格。08年、JFLのソニー仙台に期限付き移籍し、11年に復帰。12年に再びソニー仙台へ。13年途中にJ2山形に完全移籍。14年からタイでプレー。18年7月に期限付き移籍で京都。19年にタイへ戻った。171センチ、65キロ。利き足は右。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請