鳥栖加入のMF小野裕二が地元・横須賀市でサッカー教室開催「楽しんでくれたことが1番」

スポーツ報知
地元の横須賀市で行われたサッカー教室に参加した鳥栖MF小野裕二

 今季から鳥栖に加入するMF小野裕二が5日、地元の神奈川・横須賀市でサッカー教室を開催した。

 横須賀市在住の小学生が対象となり、午前の部で33人、午後の部で31人が参加。小野を含め11人の現役Jリーガーや元選手と交流した。

 小野はキックやトラップなど技術面での指導を積極的に行い、小学生チームとの対決では華麗なドリブルやサイドネットを揺らす正確なシュートなど“プロの技”を惜しみなく披露。「子どもたちが楽しんでくれたことが1番。選手、元選手の僕らも元気を貰いました」と笑顔を見せ、「子ども達が横須賀から世界に羽ばたいてもらえれば。スタッフやサッカー協会、コーチ、親御さん、いろいろな人の協力があってできたこと。感謝したいです」と振り返った。

 指導中には、コーチとして参加し、細かいタッチのドリブルで次々と小学生を抜き去り喝采を浴びていたMF鈴木唯人が、親善試合ウズベキスタン戦(21日・埼玉)に臨む日本代表に追加招集されたことが発表される“サプライズ”も。小野は「すごくタイムリーで、子ども達の見る目もガラっと変わったと思う。そういう選手がここから出てきたり、サッカーじゃなくてもやりたいことを全力で真剣に楽しんだりことを活動を通して伝えていければと思っています」と話した。

 サッカー教室には小野のほか、横須賀市出身の石川直宏氏、谷口博之氏、鈴木唯人、熊谷アンドリュー、柴崎貴広らが参加。横須賀市の後援、横須賀サッカー協会の共催で行われた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×