ニューカッスル補強第1弾はイングランド代表DF トリッピアーを約19億円で獲得

スポーツ報知
トリッピアー(ロイター)

 サウジアラビアの王室系投資ファンドが8割買収したニューカッスルは、スペインのAマドリードからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを獲得した。英BBCの報道によれば、ニューカッスルの新オーナーとなって初めての補強となったトリッピアーの移籍にかかる費用は1200万ポンド(約19億3200万円)。5日にニューカッスル入りしてメディカル検査を受ける予定となっている。

 トリッピアーは2019年にトットナムから2000万ポンド(約32億2000万円)でAマドリードに移籍。以来、83試合に出場し、昨季のスペインリーグ優勝に貢献した。

 また、昨夏に行われたユーロ2020にイングランド代表として出場。バックアップ要員ではあったが、準優勝したチームの一員として支えた。

 ハウ監督は2011年のバーンリー監督時代にトリッピアーを獲得し、その才能をいち早く見出した指導者。2人の10年ぶりとなる再結成も注目されている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×