前山剛久、心身不調のため活動休止 所属事務所「仕事をすることが困難な状況」 舞台「ピアフ」も降板

前山剛久
前山剛久

 東宝は5日、東京・日比谷のシアタークリエで上演する舞台「ピアフ」(大竹しのぶ主演、2月24日~3月18日)に出演予定だった俳優・前山剛久が加療中のため、医師との相談により全日程を休演すると発表した。前田一世が代役を務める。

 前山は昨年12月18日に急死した神田沙也加さんと結婚を前提とした真剣交際していた。沙也加さんの死後は医師の指導のもとメンタルのサポートを受けている。

 所属するワタナベエンターテインメントはこの日、公式サイトで前山について「昨年末より心身に不調をきたし現在も治療を続けておりますが、未だ仕事をすることが困難な状況にある」として治療に専念するため、当面の活動休止を発表した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請