坂本花織、アイスショーで全日本女王の貫禄 全3本ジャンプ着氷「もっともっと磨き上げ」

スポーツ報知
アイスショーで演技する坂本花織(カメラ・矢口 亨)

 アイスショーの「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」が4日、名古屋市内で行われ、各選手が公の場で“新年初滑り”を披露した。

 18年平昌五輪に続き、2大会連続の五輪出場を決めた坂本花織(シスメックス)は、ショートプログラム(SP)「グラディエーター」を披露。ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、3回転のフリップ―トウループなど、全3本のジャンプを着氷し、全日本女王の貫禄を見せた。

 アンコールではフリー「No More Fight Left In Me」で力強いスケーティング。最後まで観客を湧かせた。「(プログラムを)もっともっと磨き上げ、自分のものにしていきます」と新年の意気込みをコメントした。

 坂本は7日の日本学生氷上競技選手権(北海道・帯広市)に出場予定。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×