花巻東1年・佐々木麟太郎、来秋ドラフト対象も日本ハムが密着マーク「下級生も見ていこう」

スポーツ報知
花巻東・佐々木麟太郎

 日本ハムが、23年のドラフトに向けて花巻東(岩手)の佐々木麟太郎内野手(1年)を密着マークしていくことが4日、分かった。1年生ながらすでに高校通算50本塁打。来秋のドラフト対象選手だが、球団幹部は「下級生も見ていこうという話はしている」と説明した。今春センバツ出場は確実となっており、タイミング次第で稲葉GMが生チェックする可能性もある。

 ドラフト戦略にも合致する。「その年のNO1選手を指名する」という方針のもと、04年ダルビッシュ、07年中田、10年斎藤、17年清宮とアマ球界のビッグネームを1位指名。12年にはメジャー挑戦の意向を表明していた大谷を強行指名、粘り強い交渉の末に翻意させた。今年からビッグボス・新庄監督が指揮を執り、23年3月には新球場「エスコンフィールド北海道」(北広島市)が開業。世界一のボールパークを作り上げていくために、未来のスター候補生に早くから注目していく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×