【京都金杯】エアロロノアはCWコースで前日調整 笹田調教師「勝って飛躍したい」

スポーツ報知
エアロロノア

 ◆第60回京都金杯・G3(1月5日、中京競馬場・芝1600メートル)

 前走のリゲルSで初めてオープン勝ちを決めたエアロロノア(牡5歳、栗東・笹田和秀厩舎、父キングカメハメハ)は4日、栗東・CWコースを半マイル65秒2―14秒6。きびきび動いていた。

 笹田和秀調教師は「追い切り後も変わりなく順調。馬はもう一段階アップしそう。体が絞れればギアが上がると思う」と指摘し、期待の大きさが伝わる。「速い時計にも対応できるし、厩舎もジョッキーも、ここで勝って飛躍したい」と岩田望来騎手の重賞初勝利にもエールを送った。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×