【箱根駅伝】青学大・中村唯翔「楽しい23・1キロでした」9区区間新でMVPに輝いた「逆駅伝男」

スポーツ報知
監督車に乗る原監督から激励の言葉を掛けられ、ガッツポーズで応える9区・青学大の 中村。区間新記録を樹立し  た(カメラ・竜田 卓)

◆第98回東京箱根間往復大学駅伝競走復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖スタート~東京・千代田区大手町読売新聞社前ゴール=5区間109・6キロ)

 往路を制した青学大が5時間21分36秒の復路新、10時間43分42秒の総合新記録で完全優勝。2年ぶり6度目の王者となった。9区で中村唯翔、10区で中倉啓敦(ともに3年)が連続区間新記録で圧倒し、2位の順大とは平成以降で最大の10分51秒差。原晋監督(54)は「パワフル大作戦大成功! 6連覇を目指します」と胸を張った。中村と1区で区間新だった中大・吉居大和(2年)が最優秀選手に選ばれた。(晴れ、気温マイナス1・2度、湿度81%、東南東の風0・8メートル=スタート時)

 「鶴見―戸塚」の借りを、「戸塚―鶴見」で倍以上にして返した。1年前、青学大・中村は2区で区間14位と苦しみ、7人に抜かれた。「前回、2区で沈んでしまい、そのコースでリベンジしたかった。(先導の)白バイを、前を走っている選手だと思って走りました」。08年に中央学院大の篠藤淳がマークした1時間8分1秒の9区区間記録を14年ぶりに46秒も更新。1時間7分15秒のスーパー区間新に中村は会心の笑みを見せた。

 原監督は本番に強く、練習以上の結果を残す選手を「駅伝男」と呼ぶ。これまでの中村は「逆駅伝男」だった。学生3大駅伝デビュー戦となった2年時の全日本大学駅伝では3区で8人抜きの区間3位と好走。だが、2区抜てきの前回箱根で力を発揮できなかった。

 3年となった今季は全日本で2区に起用されたが、6人抜かれの区間14位と再び失速した。レース後は「箱根駅伝はもう往路を走るチャンスはない。必死に練習して復路の9区を狙うしかありません」と悲壮な覚悟を明かしていた。それから2か月。区間新に加え、金栗四三杯も手にした。「楽しい23・1キロでした」。「駅伝男」を超え「MVP男」となった中村は来季、さらなる飛躍を期す。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請