【巨人】生涯遊撃へ坂本勇人の覚悟、鳥谷敬さんと難しさ語り合う…新春対談<後編1>

対談を終え坂本勇人(右)からの花束を手に笑顔を見せる鳥谷敬さん
対談を終え坂本勇人(右)からの花束を手に笑顔を見せる鳥谷敬さん

 巨人の坂本勇人内野手(33)と、昨年限りで引退した鳥谷敬さん(40)の豪華対談の後編をお届けする。後編では遊撃手として出場し続けることの難しさを語り合い、鳥谷さんから坂本に“生涯遊撃手”のミッションが託された。(構成=尾形 圭亮)

 鳥谷「守備で大切にしていることは?」

 坂本「一番は、目付けです。(打球が)近くに来てから捕ろうとするとエラーしちゃうので、捉えるのをすごく前にする。そうすると落ち着いて捕れて、慌てなくなったというか。目付けと、力抜くっていうことをやると、ノックに近い状態で試合でも捕れる。今までだったら必死で全部捕りにいっていたのが、どこかこう抜ける部分が出てきて、たぶん体の負担も少ない。何を大事にしていましたか?」

 鳥谷「力を抜くこと。表現としていいのかは分からないですが、どれだけ楽に守れるか。どれだけ力を使わずにボールを投げられるか。どれだけ力を使わずにバウンドに入れるか」

 ―遊撃手での出場試合数は1位が坂本選手で、2位が鳥谷さん。

 坂本「試合に出たらこれくらい疲れるとか、これくらい頭使ってとか、感覚的にそれが当たり前なので、これがすごく大変なこととは思っていないです。周りが『もういいよ』って言ってくれるまで。自分が『これじゃあ守っちゃダメだな』と思わなければ、やり続けたいです」

 鳥谷「やらなきゃいけない練習だったり、いろんなことは分かってると思う。一番けがが良くない。食事、トレーニング、いろんな部分が年齢とともに変化していく、というのが重要。『若い時にこれやってたから、これをやらなきゃ』と思うと、それをやった時にけがしたり。自分の年齢やタイミングに合ったものをどんどん取り入れて、いらないものは削除していく」

 坂本「オフのトレーニング時間が延びたんですよ。『これもやっておきたい』『あれもやっておかなきゃ』と。シーズン入ってからは、できるだけ少ない運動量で試合に入るように変えているんですが。(鳥谷さんが)遊撃手でフルイニング出ていたというのが、僕は想像できない。(コンディションが)『厳しいかな、どうかな』というところで無理して試合に出たりもあるんですけど、たくさん大変なことがある中で遊撃を守っていたというのは、僕が一番大変さが分かる。精神力が尋常じゃないくらい強いんだろうなって」

 鳥谷「遊撃手で毎日試合に出て、やった人にしか分からない大変さがある。能力だけじゃできないし、これを3年、3年やったら5年とやることの難しさはね。遊撃を守り続ける要素で、『これがないと』というものは?」

 坂本「技術がないと守れないし、体が強くないと年数やれない。気持ちが弱いと、どこかで『ああしんどい、ダメだ』ってなる。(要素が)一つじゃできないポジションなのかなって。だから長くレギュラーでいる選手が少ないポジションかなって思います。鳥さんが強いて挙げるなら?」

 鳥谷「精神力。骨折しても、『我慢したら出られる』と思うのか、『骨折したからやめておこう』と思うのかで大きな差があって。チームに迷惑をかけるならやめたほうがいいけど、精神力というのは物事を判断する時に重要。遊撃手の魅力は?」

 坂本「(守備位置から)捕手のサインが見えるので、『ここでこれいったら狙ってそうだな』とか。打者の反応や、その日の1打席目、2打席目、3打席目を見て、『4打席目で内角真っすぐ行ったらちょっと怖いな』とか、そういうのを見ることができる。一塁走者の動きだったり、配球を考えながら守っていますね」

 鳥谷「野球が本当に好きなんだね(笑い)」

 〈後編2〉へ続く

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請