【箱根駅伝】駿河台大の31歳「教師ランナー」今井隆生が号泣…繰り上げまで2分8秒で教え子にタスキつなぐ

駿河台大4区・今井隆生(左)から、駿河台大5区・永井竜二(右)にタスキが渡る(カメラ・佐々木 清勝)
駿河台大4区・今井隆生(左)から、駿河台大5区・永井竜二(右)にタスキが渡る(カメラ・佐々木 清勝)

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走往路 (2日、東京・千代田区大手町読売新聞社前~神奈川・箱根町芦ノ湖=5区間107・5キロ)

 中学校体育教師を休職して駿河台大に編入学した31歳の今井隆生(4年)は4区を完走し、今井の教師時代の教え子だった5区・永井竜二(3年)にたすきをつないだ。

 今井は18位でタスキを受け力走。順位を20位に落とし、小田原中継所での繰り上げスタートまで2分8秒に迫っていたが、永井に後を託した。

 今井は走りきると膝に手をつき、声を上げて号泣していた。

 埼玉県の中学校体育教師だった今井は一昨年4月、教員の「自己啓発等休業」制度を利用し、駿河台大の心理学部3年に編入学した。「教師として力不足を実感することがあり、今まで勉強していなかった心理学を学んで、もっと生徒に寄り添える先生になりたいと思いました」と編入学の理由を明かす。同時に、もうひとつ壮大な挑戦を決めた。

 今井は東京・大泉高時代は陸上部に所属し、箱根駅伝出場を目標としていたが、全国レベルに届かず、日体大に入学後はトライアスロンに転向した。「日体大時代はトライアスロンに全力を尽くしていたので、箱根駅伝への未練は全くありませんでした。4年生だった2013年には日体大が箱根駅伝に30年ぶりに勝った。クラスメートに優勝メンバーもいたし、素直にうれしかった」と振り返る。卒業後、実業団でトライアスロン選手として活動。走力を磨くために参加した陸上の練習会で徳本監督と知り合い、アドバイスを受けるようになった。

 2016年にトライアスロン選手として現役を引退し、埼玉県の教員に。体育教師、陸上部顧問を務めながら市民ランナーとして多くの大会に参加した。勤務先の中学校が駿河台大と近かったため、休日は生徒を指導した後、駿河台大で練習を重ねた。いつしか、箱根駅伝出場という夢を現実的に考えるようになり、ついに夢をかなえた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請