V4井岡一翔が統一王者狙うスーパーフライ級戦線事情

スポーツ報知
2回、福永(右)に左フックを放つ井岡(カメラ・堺 恒志)

◆プロボクシング ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇王者・井岡一翔(判定)WBO6位・福永亮次● (2021年12月31日、東京・大田区総合体育館)

 世界4階級制覇のWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32)=志成=が、4度目の防衛に成功した。同級6位・福永亮次(35)=角海老宝石=を3―0の判定で下し、自身が持つ日本記録更新となる世界戦19勝目を挙げた。節目となる10度目の大みそか決戦で、KO率73・7%の挑戦者を退けた王者は今年、一度は決まりながら中止となったIBF王者ジェルウィン・アンカハス(30)=フィリピン=との王座統一戦実現を目指す。井岡の戦績は28勝(15KO)2敗、福永が15勝(14KO)5敗。元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志さんが試合を振り返った(観衆2563)

 * * *

 軽量級ながら世界的注目を浴びるスーパーフライ級戦線。WBO王者・井岡は、一度は決まったIBF王者アンカハスとの王座統一戦に照準を絞っているが、一方で、WBC&WBAスーパー王者フアンフランシスコ・エストラーダ(31)=メキシコ=が着々と階級最強の座を固めている。

 現在、米リングマガジンのパウンド・フォー・パウンド(階級を超えたランキング)で、9位の井岡を上回る7位のエストラーダは、昨年3月に世界4階級制覇で当時WBAスーパー王者だったローマン・ゴンサレス(34)=帝拳、ニカラグア=との王座統一戦で判定勝ち。判定は2―1と分かれただけに、今年3月に実現予定の3度目の対戦に注目が集まる。

 この階級では、シーサケット・ソールンビサイ(35)=タイ=とカルロス・クアドラス(33)=メキシコ=の元WBC王者は依然、ランキング上位に名を連ね、王座奪回を虎視たんたんと狙っている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請