ユーチューバー・シバター、元K―1王者に華麗な飛びつき腕十字で一本勝ち

スポーツ報知
勝利したシバター(C)RIZIN FF

◆RIZIN.33 ▽第6試合 MMA特別ルール(90キロ) 〇シバター(1回 飛びつき腕十字)久保優太●(31日・、さいたまスーパーアリーナ)

 人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が、MMA2戦目となる元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)に一本勝ちした。

 久保の強烈の右ローを浴びながらも、ロープに走り出すなど、会場を沸かせるシバター。距離が短くなった瞬間、右のフックで尻餅をつかせると、再びスタンドの攻防から、飛びつき腕十字を決めると、久保のセコンドからタオルが投入され、試合が決まった。

 リング上で、シバターは「あんまり言うことねーよ。久保さん、続きはユーチューブで。本当にネタじゃなくてこのリングに上がるの嫌でした。さっきまで逃げ出したくて、でも、ユーチューバー皆来てくれて、俺の背中をおしてくれました。みんな俺が負けると思っただろ。ざまーみろ、ユーチューバーは強いんだ」と喜びを爆発させた。

 ◆シバター 1985年10月18日、神奈川県生まれ。11年、12年にはTHE OUTSIDERで勝利をあげ、パンクラス、ZST、Fighting NEXUSへの参戦。MMAファイターとしての大きな実績は残せていないものの、20年は執拗なアピールが実りRIZIN大みそか大会に電撃参戦。HIROYAとMIXルールで対戦し、一度は引き分けとなったが、試合後の映像検証と審議の結果、一本勝ちへ変更となった。

 ◆久保 優太(くぼ・ゆうた) 1987年10月19日、東京都生まれ。 15歳でキックボクシングを始め、05年1月のNJKFでプロデビュー。10年K-1に参戦するとHIROYA、才賀紀左衛門、野杁正明、卜部功也ら強豪に連勝を重ね、初代Krushウェルター級王者など数々のタイトルを獲得。17年にはK-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメントに出場し優勝。三度の防衛に成功するも、20年6月にそのベルトを返上しボクシングへの転向を発表していた。しかし、ボクシングの試合は行わず、RIZINへの電撃参戦した。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×