【注目馬動向】クリンチャーは帝王賞を目標に

スポーツ報知
クリンチャー

 東京大賞典で2着に入り、貴重な賞金加算に成功したクリンチャー(牡7歳、栗東・宮本博厩舎、父ディープスカイ)は、来春の大目標を帝王賞(6月29日、大井・ダート2000メートル)に置く。

 宮本調教師が30日、栗東トレセンで「長距離輸送もありましたが、普段の運動量を増やして絞れていましたし(マイナス15キロ)、右回りはいいですね。帝王賞を目標に、どういうローテにするかオーナーと相談して決めます」と説明した。

 今年勝った佐賀記念(来年は2月8日、佐賀・ダート2000メートル)に主戦の川田将雅騎手にメイショウカズサの先約があるため参戦せず、3月以降の右回りのレースでの始動になる模様だ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×