KAT―TUN亀梨和也「一番笑いとる」初紅白もデビュー15周年の余裕

スポーツ報知
リハーサルに登場したKAT―TUN(左から)上田竜也、亀梨和也、中丸雄一

 初出場のKAT―TUNは、デビュー15周年らしい余裕の対応を見せた。

 亀梨和也(35)が「一番笑いを取ろうと来ました」とアイドルらしからぬ意気込みを示すと、中丸雄一(38)が「勝手ながらご縁がないかと思っていました」。爪痕を残そうとする初出場組が多い中、上田竜也(38)は髪を黒に染め、「NHKなので少しおとなしく。優等生ぶろうと」と緊張した様子は全くなかった。

 中丸は「これまで周年でお祭りができなくて。メンバー編成が激しいグループなので」とメンバーの脱退すら自虐ネタに。デビュー当時はギラギラした魅力を押し出していたが、15年をへて「すっかり丸くなりました」(亀梨)。そんな3人は、初めて単独ライブを行った国際フォーラムで、デビュー曲「Real Face#2」を歌う。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×