「ABEMA師弟トーナメント」29日から配信 鈴木大介九段「ウチの操縦性はナンバーワン。『梶浦、行け!』ができるので(笑)」

スポーツ報知
鈴木大介九段

 インターネット配信局「ABEMA」の新しい将棋企画「第1回ABEMA師弟トーナメント inspired by 佐藤康光」が29日午後7時にスタートした。

 「ABEMAトーナメント」や「女流ABEMAトーナメント」に続く早指し非公式戦の第3弾。師匠と弟子の2人1組によるタッグ戦をフィッシャールールで行い、8チームの頂点を目指す。日本将棋連盟会長・佐藤康光九段(52)が発案した。

 師匠として出場するのは谷川浩司九段(59)、井上慶太九段(57)、森下卓九段(55)、中田功八段(54)、畠山鎮八段(52)、深浦康市九段(49)、木村一基九段(48)、鈴木大介九段(47)。それぞれが指名する自らの弟子とタッグを組んで優勝を目指す。

 弟子の梶浦宏孝七段(26)と共闘する鈴木九段に開幕前の思いを聞いた。

 ―始まります。

 「2人で力を合わせていい結果を出せれば。(と言いつつ…)盤上の勝負は弟子に頑張ってほしいですね。自分が頑張れば弟子がABEMAに出る機会が増えますから。今まで(過去のABEMA将棋トーナメント)と今回はちょっと違った感じになるのかなと思います。弟子は子供みたいなものですからね」

 ―師匠の皆さんは、誰もが「弟子の足を引っ張りたくない!」と…。

 「今までは若手やトップと当たることが多かったので、今回は違う楽しみがありますね。昔、(順位戦)A級で指した相手と10年ぶりくらいの対局もありそうだなあ、とか。いろいろ思い出すところは多いと思います。楽しみですね」

 ―鈴木さんと言えば「早見え・早指し」で知られます。ルールへの適性がある。

 「我慢せずに本筋の手を狙って指してます。自分は形に明るく指せるかなと思いますし、弟子も結果を出してアピールしてほしいですね」

 ―目標は。

 「優勝ですね。2人足していちばん若いのがウリなので。それに、師匠の言うことを聞く弟子なので操縦性としてはナンバーワンかと思います。『梶浦、行け!』ができるので(笑)」

 ―他の師匠と考え方の違いなどはあったりするものでしょうか。

 「やっぱり何人もお弟子さんを取られている方は大変だなあと思います。ウチは1人なので、梶浦がプロになるまで他の弟子は取らないようにしていたので。一門によって違いますね。梶浦はどう思っているかは分かりませんけど、こちらは家族ぐらいの感覚でいます。自分の子供と同じくらいの時間を割いたつもりですし。三段リーグでも一緒に対策を練ったりしましたね。1人の方が目が届くということはあると思いますけど、門下でライバルがいた方がいいとも思います。自分(故・大内延介九段門下)も同門で切磋琢磨したので。一長一短かなと思います」

 ―梶浦さんの棋譜を奨励会時代から全てチェックしていたと聞きます。

 「奨励会に入った頃は、棋譜を送らせて『コレは良い手、コレは悪い手』って赤ペンで書いて送り返したりしていましたね。いつ終わったのか…。おそらく梶浦は真面目なので送り続けたと思うんですけど、私がめんどくさくなってやめたんだと思います(笑)。最近は携帯中継される将棋を一ファンとして応援してますよ」

 ―梶浦さんは竜王戦での活躍など順調な成長を見せています。

 「よく頑張っていると思います。あと一歩、ギリギリのところですよね。勝負の人生の中で何回もチャンスって来ないので、モノにしてほしいなと思います。力をつけているので、まだこれからチャンスはあるだろうな、と思いますね」

 ―鈴木さんは弟子のみならず若手の面倒見がいいことで知られます。永瀬拓矢王座の「鈴木先生に頂いた棋士人生だと思っている」という名言もあります。

 「いやいやいや…若くて強い人が単純に好きなので教えていただけです。で、将棋指すだけじゃつまんないので食事に行ったりお酒を飲みに行ったりしているうちに…。自分は棋士同士でも気兼ねなくしゃべっちゃうタイプで、永瀬君にもズバズバ言っちゃうので。性格的なところですよね」

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×