【中山金杯展望】横山武史騎手が騎乗予定のヒートオンビートが中心

スポーツ報知
中山金杯の登録馬。※騎手は想定

 第71回中山金杯・G3が1月5日、中山の芝2000メートルで行われる。(※馬齢は明け表記)

 有馬記念、ホープフルSで2021年を締めた横山武史騎手が騎乗予定のヒートオンビート(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)が主力。重賞初挑戦だった目黒記念で2着、前走のチャレンジCでもソーヴァリアントの2着。重賞は手の届くところにある。父がキングカメハメハ、母は桜花賞馬のマルセリーナ。2022年の飛躍を期す血統馬の始動戦に注目。

 天皇賞・秋15着以来のトーセンスーリヤ(牡7歳、美浦・小野次郎厩舎)。新潟大賞典1着、函館記念1着、新潟記念2着とG3メンバーなら上位級の地力。中山コースもこなせるだけに、重賞3勝目も射程圏。

 菊花賞10着以来の出走のヴィクティファルス(牡4歳、栗東・池添学厩舎)が続く。前走後は外厩・ノーザンファームしがらきで調整され、12月9日に帰厩。ここまで順調に調整されているだけに、スプリングSを勝った中山の舞台で復活の白星を狙う。

 2021年の3着、4着、5着のウインイクシード(牡8歳、美浦・鈴木伸尋厩舎)、ロザムール(牝6歳、美浦・上原博之厩舎)、アールスター(牡7歳、栗東・杉山晴紀厩舎)もそろってエントリー。チャレンジC3着がある力量馬ヒンドゥタイムズ(牡6歳、栗東・斉藤崇史厩舎)、マーメイドS1着シャムロックヒル(牝5歳、栗東・佐々木晶三厩舎)、ステイヤーズS2着の長距離タイプのタガノディアマンテ(牡6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)の突っ込みに警戒。(大上 賢一郎)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×