マクドナルドCMで話題、守谷勇人「『あれ誰?』じゃなく『守谷勇人が出ている』と言われるように」

「目標は白石和彌監督の作品に出ること」と語った守谷勇人
「目標は白石和彌監督の作品に出ること」と語った守谷勇人

 マクドナルドの期間限定バーガー「グラコロ」の新CMで、女優・多部未華子(32)と仲むつまじい夫婦役を演じる俳優の守谷勇人(31)が、「あの俳優、誰?」と話題を呼んでいる。

 俳優デビュー7年、初めてつかんだCMの主要キャスト。自宅で映像を見た際には「今までの俳優活動がフラッシュバックしたというか…。ウルッとしました」と感慨深げ。「10年以上連絡を取っていない地元の友人からも『見たよ』と連絡が来ました。放送後もピンと来なくて。SNS上の盛り上がりを知った時は驚きました。驚きの後、ようやくうれしさがこみ上げてきた感じです」と反響の大きさに動揺を隠しきれない。

 守谷は小学時代に野球、中学・高校時代にサッカーに熱中した。大学卒業後、ワハハ本舗の新人公演の応募に合格。「鼠小僧とサンタクロース」(14年)で主演デビューした。

 「周りが経験者ばかりの中、ずぶの素人が初舞台でいきなり主演。上手(かみて)、下手(しもて)も分からないレベル。毎日怒られたけど、人生を懸けて挑めたのがお芝居だった」。1年ほどで同劇団を辞めたが、別の芸能事務所、劇団を経て、今年から現在の事務所に所属した。「自己表現が得意な方ではないけど、お芝居になると開放できる。快感というか、それにまんまとかかってしまった感じです。(気付いたら)お芝居をとてつもなく好きになっていました」

 今月13日からほけんの窓口のCMがスタートし、新米パパ役に初挑戦。着実に出番は増えている。

 守谷は「月並みな言葉だけど、人の何倍も余計にやらないといけない時期だと思う。ガツガツとキャリアを積み重ねていきたい」と意欲十分。「当たり前のことだけど、一人でも多くの監督さん、プロデューサーさんに気にかけて頂けるように現場を全うすることです。マクドナルドのCMで一歩目を踏み出せたので、来年はスタートダッシュの年にしたいです。次は『あれ誰?』じゃなく、『守谷勇人が出ている』と言われるようになりたい」と誓った。(加茂 伸太郎)

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×