林家三平、激ヤセはRIZAP 18キロ減量成功「笑点」卒業も重病説、メンバーとの確執説否定

RIZAPで引き締まった身体を写真パネルでお披露目した落語家の林家三平(カメラ・頓所美代子)
RIZAPで引き締まった身体を写真パネルでお披露目した落語家の林家三平(カメラ・頓所美代子)

 日本テレビ系演芸番組「笑点」を年内で卒業する落語家・林家三平(51)が26日、RIZAPに挑戦し減量に成功したことを明かした。

 この日、都内で行われた「RIZAP ボディメイクグランプリ2021 ファイナル」の司会に挑戦。その前に、囲み取材に応じた。

 4か月で74・6キロから18・6キロの減量に成功し、現在は55・8キロ。減量前のパネルを見て「ひどいですね。かみさんからは『雪だるま』って言われてました。コロナ禍で外出も少なくなって、『笑点』もリモートになって。気持ち的にふさぎ込んでいたけれど、このままじゃダメだと…。父親の威厳を保つために。父(初代三平)も格好よかったから」ときっかけを話すと「(減量分は)今の息子の体重。5歳ですが抱っこすると重くて…。これが体に付いていた、良く取れたなと…」と話した。

 19日放送の「笑点」で卒業を発表した時の姿に、激ヤセを心配し、重病説までSNS上であふれた。「円楽師匠にいじめられて鬱になったとかありましたが、決してそんなことはありません。(RIZAPで)トレーニングをしていただけです」とメンバーとの確執説を否定。「昨日も円楽師匠と仕事が一緒で、『大きくなって帰ってこいよ』と言われました」と笑顔を見せた。

RIZAPに挑戦した林家三平のビフォーアフター
RIZAPに挑戦した林家三平のビフォーアフター

RIZAPで引き締まった身体を写真パネルでお披露目した落語家の林家三平(カメラ・頓所美代子)
RIZAPに挑戦した林家三平のビフォーアフター
スッキリボディーの林家三平
すべての写真を見る 6枚

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請