【大学野球】 大倉監督と“二人三脚”で成長した駒大の鉄腕・福山優希投手

笑顔で練習を見守る駒大・大倉監督
笑顔で練習を見守る駒大・大倉監督

 東都大学リーグの駒大を率いる大倉孝一監督(59)が24日、都内の同校グラウンドで取材に応じ、一年を振り返った。

 駒大は秋季リーグ戦で、春の4位から同率2位に順位を上げた。その原動力となったのは、チームの全10試合に登板して5勝4敗。防御率2・90の成績を残した福山優希投手(3年=八戸学院光星)だ。

 指揮官は、春季リーグ戦でも全12試合でマウンドに送っている。「投手の数が足りないなか、彼にとってはいい経験ができたのではないか。秋は、勝つ確率が上がる投球に変化してきた」とたたえた。

 捕手出身の大倉監督は、投手にとっての“いい球”でなく、打者を封じることができる球を福山に求めてきた。「抑えるには、自分のボールをどう使えばいいか。球の精度を含め、一つ一つ確認しながらやってきた。その結果、投げることで精いっぱいだったのが、相手が見える形で攻めていけるようになった」

 その域に到達するためには、マウンドでの経験が不可欠だった。全試合登板の裏側を、大倉監督は次のように話す。「全部(本人と)話をして、トレーナーと(状態を)整えて、状況を見て『いける』と判断したうえで送り出しています。2人の中では、全く普通のことをやっただけ。逆に、投げることで見えたことが多かった。プラスになったことしかない。『きついけれど、チームのために…』という感覚はゼロ。そんなことをさせるつもりはありません」

 野球に対してストイックに取り組む福山は、昨年暮れから正月にかけ、冬休みで仲間が寮を離れても、ひとりだけ残って練習していたという。そのような姿を見て、食事に付き合ったり、気分転換にドライブに誘うなどしていたのが大倉監督だった。様々な形で“師弟”は絆を深めてきた。

 福山の目標はプロ。勝負の年となる来シーズンに向け、落ちるボールの習得に着手していることを指揮官は明かした。「東都で勝つためだけでなく、先を考えた場合、球を横に動かすだけでは限界があります」。新たな武器を身に付け、勝利に導く確率をさらに高めれば、駒大の2014年秋以来の優勝が見えてくる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請