大阪狭山、11得点で4回コールド勝ち!大舞台では大暴れしてみせる!!…第52回春季全国大会大阪阪南支部予選

スポーツ報知
優勝を決め喜ぶ大阪狭山ナイン

◆第52回春季全国大会大阪阪南支部予選 ◇中学生の部▽決勝トーナメント・決勝  大阪狭山ボーイズ11―1堺中央ボーイズ=4回コールド(18日・みなと堺グリーンひろば硬式野球場)

 「第52回春季全国大会」(報知新聞社など主催)の大阪阪南支部予選は大阪狭山ボーイズが制した。

 豪快に決めた。大阪狭山打線が12安打11得点で4回コールド勝ち。これ以上ない形で全国切符をつかんだ西岡主将は「言うことなしです。びっくりした」と笑み。自身も2三塁打を含む3安打2打点と優勝に貢献し、満足そうに振り返った。

 エース・柴田と正捕手の木目が今大会前にけがで離脱。ナインは「2人と全国で一緒に戦う」ことを目標に、試合に臨んできた。その目標がかない、今から気合も十分だ。決勝で先制打を含む2安打2打点の4番・廣橋が「流れに乗れてよかった。全国でも走者をしっかりかえしたい」と話せば、3安打した1番・森本も「状態を上げて打撃と走塁でチームを引っ張りたい」と意気込んだ。全員そろった大舞台では、この日以上に大暴れしてみせる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請