生駒、鮮やか2ランスクイズで決める!次は全国優勝に照準だ!!…第52回春季全国大会奈良県支部予選

スポーツ報知
2年ぶり8回目の代表権をつかんで喜びを爆発させる生駒ナイン

◆第52回春季全国大会奈良県支部予選 ◇中学生の部▽決勝  生駒ボーイズ6―2奈良葛城ボーイズ(18日・橿原運動公園硬式野球場) 

 「第52回春季全国大会」(報知新聞社など主催)の奈良県支部予選は生駒ボーイズが優勝した。

 生駒の秘策が、勝負どころで決まった。1点を勝ち越した直後の5回1死二、三塁。門脇が投前にバントを決め、三塁走者・小田が生還。そして二塁走者の石井も一気にホームを陥れた。この鮮やかな2ランスクイズでリードを3点に広げ、勝利を引き寄せた。

 悔し涙を笑顔に変えた。9月の関西秋季大会支部予選では1回戦敗退。「それからの3か月、子どもたちがしっかりついてきてくれた」と石田監督。エンドラン、セーフティーバントなど足を絡めた攻撃を猛特訓。その成果を大一番で発揮した石井は「足に自信はないが、練習のおかげで成功しました!」と笑った。

 夏春連続となる大舞台では、全国制覇が目標だ。エース格の松田は「もっとコントロールもストレートの伸びも磨きたい」と課題を挙げた。本戦まで3か月。奈良県王者が、さらに進化を遂げる時間はある。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請