ラグビー大学日本一を目指す京産大 26日の日大戦キーマンは福西&三木の両フランカー

選手たちに指導をする京産大・広瀬佳司監督
選手たちに指導をする京産大・広瀬佳司監督
全国大学選手権での活躍が期待される(左から)京産大・三木皓正と福西隼杜
全国大学選手権での活躍が期待される(左から)京産大・三木皓正と福西隼杜

 今季の関西大学ラグビーAリーグで23季ぶり5度目の優勝を飾り、9大会連続35度目の全国大学選手権出場を決めた京産大が、26日に埼玉・熊谷ラグビー場で、初戦となる日大(関東大学リーグ2位)との準々決勝を迎える。

 学生日本一をかけた関東勢との戦いでチームの鍵を握るのがフォワード陣だ。なかでも両フランカーの役割は重要。U20日本代表にも選出された福西隼杜(3年)=報徳学園=は「チームは今、ディフェンスがいい。ディフェンス後のターンオーバーをきっちりとできるようにしたい」と意気込む。

 もう1人が元高校日本代表の2年生フランカー三木皓正=京都成章=だ。「僕らの中では点の取り合い、トライの取り合いにはしたくない。ディフェンスでリズムを作り、その勢いをアタックにつなげる。(大学)選手権でもそこをやりたい」。思い描く理想のゲームプランを共有できている。

 チームをサポートする元木由記雄GMも2人をキーマンに挙げつつ「関東は大きくて、走れる選手が多い。そういう芽をいかに早く摘めるか」と指摘。“日本代表コンビ”が躍動して京産大旋風を巻き起こす。

選手たちに指導をする京産大・広瀬佳司監督
全国大学選手権での活躍が期待される(左から)京産大・三木皓正と福西隼杜
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請