民間人で初めて宇宙に滞在した前澤友作さん 帰還報告会見を行い「次の夢は月に行くこと」

スポーツ報知
地球帰還報告会見を行った前澤さん(中央)(C)TASS/Roscosmos

 日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した衣料品通販大手ZOZO創業者・前澤友作さんが22日、ロシアで帰還報告記者会見を行った。

 帰還後、公の場で前澤さんが話すのは初めてで、真っ青な帽子をかぶって登場した。主な一問一答は以下の通り。

 ―宇宙での滞在は長かった?

 「短かったです。慣れてから、8日しかいられなかったので、もう少しいたかった。理想的には、20日くらいいたかったです。30日は長い(笑い)」

 ―宇宙で実現できたことはどのくらいあるか?

 「100個のうち、70~80個は出来たと思います。ユーチューブをご覧下さい」

 ―宇宙での生活を終え、地球に対する考え方は何か変わった?

 「地球を大事にしようと思いました。缶詰を食べた後は小さく折りたたむようにしたい。ゴミをしっかり分別します」

 ―前澤さんは「世界平和を実現したい」とよく口にしているが、宇宙で世界平和を実現するにはどうしたらいい?

 「偉い方々に、宇宙に行ってもらうとお考えもいろいろ変わるかもしれない。色んな方に宇宙にいってもらいたい。特に国を動かすような人たちに」

 ―宇宙で生活する中で難しかったことは?

 「睡眠が難しかったです。ある工夫をしました。続きはユーチューブをご覧下さい」

 ―宇宙に行く目標を実現したが、次の夢は?

 「次の夢は月に行くこと」

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請