【有馬記念】エフフォーリアは食欲旺盛で元気一杯 鹿戸調教師「体調上がっている」

スポーツ報知
元気一杯のエフフォーリア

◆第66回有馬記念・G1(12月26日、中山競馬場・芝2500メートル=12月21日、美浦トレセン)

 天皇賞・秋を制したエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父エピファネイア)は、暮れのグランプリに向け、順調に調整をこなしている。

 12月21日は坂路を2本。1本目は63秒3―15秒7、2本目は61秒3―15秒2と単走で軽く駆け上がり、翌日の追い切りに備えた。

 鹿戸雄一調教師は「予定通りに稽古をこなし、体調も上がってきている。毛づやはいいし、カイバも良く食べている」と調子の良さを実感していた。12月22日には美浦・Wコースで横山武史騎手を背に追い切られる予定だ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×