【日本ハム】23年開業の新球場にタワー型特別エリア「TOWER11」建設 ダル、大谷に敬意を表し命名

スポーツ報知
新球場の左翼席に建設される「TOWER 11(タワー・イレブン)」(球団提供)

 日本ハムは21日、23年3月に開業する新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールドHOKKAIDO)」の左翼席にランドマークとなるタワー型特別エリアを建設し、「TOWER 11(タワー・イレブン)」と命名することが決まったと発表した。

 日本ハムの歴史において「既成概念の打破、革新性、先進性」を体現し、今も海外で活躍しているダルビッシュ有、大谷翔平の2選手に対する敬意を表し、両選手の共通項であるファイターズの特別な背番号である「11」から「TOWER 11(タワー・イレブン)」と命名された。

 球団を通して、2選手はそれぞれコメントを寄せた。

 ダルビッシュ有「TOWER 11はファイターズファン、ファイターズ、関係者の方々、特に過去にファイターズの11番をつけて戦ってきてくださった先輩方とともに作り上げたものだと思っています。新球場では、また一からファイターズとファイターズファンが一緒になって素晴らしい歴史を作っていって欲しいです」

 大谷翔平「思い出の背番号と共に『TOWER 11』という形で北海道日本ハムファイターズの歴史の1ページに名前が刻まれることをうれしく思います。新球場と共にファイターズの更なる躍進を心より願っています」

 各フロアは通年営業し、新たな観戦体験の提供や各種情報発信を行っていく。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×