ソフトバンク・リチャード、個別練習そっちのグラブかよ!…スポーツ報知カメラマンの年イチショット2021

スポーツ報知
2月6日、ソフトバンクの宮崎春季キャンプ全体練習後に、リチャード(右)はボクシングのミット打ちを取り入れたトレーニングを行う(カメラ・石田 順平)

 スポーツ報知のカメラマンが2021年に激写した数多くの写真から“年イチ”のベストショットを紹介する企画。石田順平記者編です。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 これぞ本物の二刀流だ。2月6日、ソフトバンクの宮崎春季キャンプ(生目の杜)で全体練習を終えたリチャード内野手が、バットをグラブに持ち替えた…って普通か。いや違う。普段の三塁用グラブじゃない。黒光りするボクシングのグラブだった。

 小久保裕紀ヘッドコーチ(当時)から体にキレを出すよう求められての“異種格闘技”挑戦だった。身長189センチ、体重119キロのヘビー級。トレーナーのミットをめがけて、WBC世界同級王者のタイソン・フューリー(英国)も真っ青(!?)のストレートを繰り出しながら「下半身がきつかった」とKO寸前の様子だった。

 猛練習のかいあって本業のパンチ力もみるみる向上。9月に1軍デビューを果たすと、34試合で7本塁打をマークした。王座奪回を目指す新生ソフトバンクのキーマンとして、本格開花するか。(大阪本社編集センター写真担当・石田 順平)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×