韓国7人組ENHYPEN、初のドラマ主題歌 高畑充希主演「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」

初のドラマ主題歌を歌うENHYPEN
初のドラマ主題歌を歌うENHYPEN

 韓国の7人組グループ・ENHYPEN(エンハイプン)が、1月12日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(高畑充希主演、水曜・後10時)で初のドラマ主題歌「Always」を歌うことが20日、決まった。

 30歳独身OL、出世欲なし、彼氏なしで周りに振り回される雛子(高畑)。社長秘書として働いて4年、子会社の社長就任を言い渡され、新米社長として仕事に恋に奮闘する姿を描く。

 ENHYPENは20年11月に韓国デビュー。今年7月にシングル「BORDER:儚い」で日本デビューし、オリコン週間シングルチャート1位を記録。すでに40万枚以上を出荷している。

 今作は2曲目の日本オリジナル曲で、爽快なポップソング。初のドラマ主題歌に「お話をいただいた時は、驚きと同時にうれしかったです。あなたの背中をソッと押す応援ソング『Always』を通じて、仕事に恋にと、現代(いま)を一生懸命生きる全ての皆さんに、元気を与えることができたらうれしいです。ドラマと一緒に、僕たちの歌もたくさん聴いてお楽しみください」とコメントした。

 ひとあし先に楽曲を聴いたという高畑は「お家で水仕事している時、お散歩している時、何でもない日常の一コマでついつい口ずさんでしまうような。自然とゴキゲンな気持ちになってしまうような、ポップで素敵な楽曲でした」と感激。「ドラマ自体もポップで、見た後に1日の疲れが吹き飛ぶような作品になると良いなと思っているので、ENHYPENさんとの合わせ技で(笑い)、皆さんに元気をお届けできればうれしいです」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請