巨人女子チーム内定の吉安清、イチロー氏の教えで1打点「突き詰めれば結果に」女子硬式野球選抜強化試合

スポーツ報知
3点リードの2回1死三塁で二ゴロに打ち取られた女子高校野球選抜の吉安清

◆強化試合 女子高校硬式野球選抜5―2履正社(19日、大阪・履正社スポーツ専門学校箕面グラウンド)

 18日に日米通算4367安打を放ったイチロー氏=マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター=が結成した草野球チーム「KOBE CHIBEN」と対戦した女子高校硬式野球選抜が、大阪・履正社高女子野球部と対戦し、5―2で逆転勝ちを収めた。

 女子硬式野球チームを創設する巨人との契約が内定済みで、前日に投手としてイチロー氏を投ゴロに仕留めた吉安清(よしやす・せい)投手(至学館)は「3番・右翼」でスタメン出場。2打数無安打ながら、3点リードの2回1死三塁で二ゴロの間に1打点を挙げた。「対戦したことのない投手で球種も分からず、自分のスイングができなかった」とため息をついた。

 それでもイチロー氏からの学びは、二刀流女子の血となり肉となった。「プレーも取り組む姿勢も、細かなところまで意識してらっしゃる。私はアバウトにしか考えられないのですが、細かいところまで突き詰めれば結果につながると感じました」。有名な打撃時だけでなく、投球時にも見せつけられたルーチンワークに瞳を輝かせた。

 2月には巨人女子の一員として“兄貴”たちの宮崎と沖縄の春季キャンプに帯同する。向上のヒントはイチロー氏だけでなく、エース右腕からも貪欲に得るつもりだ。「菅野選手を見てみたいです。YouTubeで自分の球速を当てていた。私は自分をコントロールできないので、どうしたら感覚を極めていけるかな」。「巨人の清」と言えば昭和は中畑。令和は吉安が席巻する準備を整えている。

 

 ◆藤本莉央遊撃手=岡山学芸館=(同点の2回1死二、三塁で勝ち越しの右翼線2点二塁打)「前日、イチローさんに『得意なことを伸ばしてから苦手なことをやればいい』と話していただきました。私は守備が得意で打撃が苦手なんですが、集中して打席に入れました)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×