イチロー氏が女子高生とガチ対決「試合中初めて足つった」147球17K完封

試合後、女子高校野球選抜チームと記念写真に納まるKOBE CHIBENのイチロー氏
試合後、女子高校野球選抜チームと記念写真に納まるKOBE CHIBENのイチロー氏
女子高校野球選抜チームを完封したKOBE CHIBENのイチロー氏
女子高校野球選抜チームを完封したKOBE CHIBENのイチロー氏
3回無死、吉安清(18)に投ゴロに打ち取られるイチロー氏
3回無死、吉安清(18)に投ゴロに打ち取られるイチロー氏

◆エキシビションマッチ KOBE CHIBEN1―0女子高校硬式野球選抜(18日・ほっともっとフィールド神戸)

 日米通算4367安打を放ったイチロー氏(48)=マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター=が18日、自身が結成した草野球チーム「KOBE CHIBEN」の「9番・投手」として女子高校硬式野球選抜とのエキシビションマッチに先発した。スーパースターは女子高校生に“ガチ投球”を披露し、4安打4四死球で毎回の17奪三振。1―0で完封勝ちした。

 8回、121球目を投げた後に右足を痛めた。「(試合中に足をつるのは)初めてですよ(笑い)」。それでも、背番号1はマウンドを譲らなかった。9回の投球に向かうイチロー氏は観客席から拍手を送られ「泣くわ。本当に参っちゃったね」。最後は4者連続奪三振で締め、147球を投げ抜いた。「僕の全力です。本当に(09年の)WBC以来じゃないか(笑い)。それぐらい負けられない緊張感を味わいました」と手加減なしの真剣勝負だった。

 愛工大名電(愛知)で投手だったイチロー氏はこの日、最速135キロを2度計測。神野百花捕手(福知山成美)に2打席連続死球を当て、帽子を取って深々と謝罪する場面もあった。131球、16三振を奪った19年の智弁和歌山高教職員チーム戦に続いて完封。打撃は投ゴロ、二ゴロ、一ゴロ併殺打で3打数無安打だった。

 イチロー氏の負傷や女子選手の体調を考慮し、試合後の野球教室は中止になったが、代わりに約40分間も選手の質問に答えた。初の女子選手との交流を終え「女子の野球熱は男の子に全然負けていない」と純粋さに胸を打たれた様子だった。(伊井 亮一)

 ◆KOBE CHIBEN イチロー氏が友人らと結成した草野球チーム。交流があった智弁和歌山高の教職員チームと19年12月にデビュー戦を行ったことが名前の由来とみられる。元プロ野球選手は長年、同氏の練習パートナーを務めた藤本博史氏(45、元オリックス捕手)との2人だけ。イチロー氏の同級生で、91年センバツに出場した高田広秀氏ら野球経験者も多い。この日の登録は江平光男監督(71)を含めて14人。

試合後、女子高校野球選抜チームと記念写真に納まるKOBE CHIBENのイチロー氏
女子高校野球選抜チームを完封したKOBE CHIBENのイチロー氏
3回無死、吉安清(18)に投ゴロに打ち取られるイチロー氏
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請