【大学野球】 日大の「ポスト赤星」を争う最速151キロの杉本幸基とオリックス田嶋大樹の弟・俊輔

直球とカーブのコンビネーションを武器とする日大・田嶋俊輔
直球とカーブのコンビネーションを武器とする日大・田嶋俊輔

 今秋、7季ぶりに東都大学リーグの1部へ復帰したものの同率5位と低迷した日大が、「執念」を新たなスローガンに掲げて千葉・習志野市のグラウンドで練習に取り組んでいる。

 新チームの躍進のカギを握るのが、巨人にドラフト3位で指名された赤星優志投手に代わるエースの出現。候補として期待されるのが、最速151キロの直球を武器とする杉本幸基投手(3年=大垣日大)と、オリックス・田嶋大樹投手を兄に持つ田嶋俊輔投手(3年=佐野日大)だ。

 杉本は、春の入れ替え戦のあと右肩に痛みが出て秋のリーグ戦は出遅れ。何とか登板にこぎつけたが、3試合で5回3分の2の投球回数にとどまり、防御率も4・76と不本意な成績に終わった。「肩への怖さがあって、本来のフォームで投げることができませんでした。今は、テイクバックや体重移動などを改善して、徐々に良くなっていると思います」と杉本。プロを目標としており、来シーズンに向けて「真っすぐで三振を取れるように磨いていきたい。スプリット的な速くて落ちるボールも練習しています」と話した。

 田嶋は最速148キロで、カーブを効果的に使う右腕。9月16日の国学院大戦に救援で神宮デビューを果たし、5回を無失点に抑えた。5試合で12回3分の1を投げ、防御率は0・73。「ストレートのスピード、細かいコントロールなど足りない点は多いと思いますが、クリーンアップのいい打者を抑えられたことは自信になりました」と振り返った。

 2017年のドラフト1位でオリックスに入団した兄に続くプロ入りへ。田嶋は「150キロを出して、プロから注目されるようになりたい」と言葉に力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請