何げに走る(栗東)

スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、つい先日のこと。昔からよく通っていた居酒屋の大将と、約2年ぶりに再会することができました。このお店、おじいちゃんとおばあちゃんがノンビリとやっているので、営業時間は午後4時~8時&お店に入れる人数は10人にも満たないのですが、何せ予約が取りづらい超人気店。元々、共通の知人がワタクシの予想を楽しみにしている大将がいるということで紹介してくれたんですが、かわいがってもらっています。

 そんな大将から再会した途端に「最近、予想アカンなぁ」と胸に突き刺さるような一言。その後に「あの京都の時は良かったなぁ」と続けられました。「京都の時」とは、2年前の京都大賞典。★―◎で馬連5万3720円を的中し、たまたま、翌週にお店を訪れると、焼酎をサービスしてもらったのです。いや~、懐かしい…、なんて言ってる場合じゃない! 毎週、ワタクシの予想を見てくれているというのに、いい思いをしたのが2年以上も前からアップデートされていないのです。これはアカン! どうにも波に乗り切れない2021年ですが、何度か言っているように、基本は「追い込み型」の人間。ラスト2週とはいえ、大将の笑顔を見れるように頑張るのみです。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 明日は阪神5Rの新馬から。斉藤崇厩舎から【パンドレア(牝、父ロードカナロア、母ショウナンパンドラ)】が出走します。先週、今週と坂路で時計を出していますが、斉藤崇調教師のトーンは少し慎重ですね。「あyるごとに良くはなっていますが、肉体的にも精神的にもまだ幼い感じ。将来的には(適距離が)長くなりそうな印象がありますが、現状を考えて、まずはこの距離から使ってみます」。

 ただ、取材をしていると、血統的な期待値の高さを十分に感じているからこそ、といった感じ。まだ、成長途上であることは間違いないのですが、どれだけ走るのか楽しみにしている部分もあるのです。そうそう、斉藤崇厩舎といえば、ホープフルSに出走予定の【キラーアビリティ(牡、父ディープインパクト)】は横山武Jとの新コンビで臨むことになりました。この馬に関しては、また来週お伝えすることになると思います。

 続いては中京10R。うちの社杯でもあります中京2歳Sが行われます。ここは音無厩舎から【インプロバイザー(牡、父ダイワメジャー)】が出走します。前走は自己条件で先手を奪う形の競馬でしたが3着。「さすがに決めて欲しかったけどなぁ」と浜田助手は振り返ります。今回は格上挑戦になりますが、良くも悪くも相手なりのタイプ。「力はあると思うので、何とかしてほしいけどね」と期待していました。

 あと、音無厩舎では中京4Rで【ダノンフォーナイン(牡、父ディープインパクト)】が復帰戦を迎えますね。喉の手術明けですが、前にも書いたように、動きの良化を待ちながら、しっかりと態勢を整えての復帰戦。ガラッと変わった姿を見てみたいと思います。

 ここからはPOG情報。友道厩舎の話題を中心に見ていきましょう。まずは先週のエリカ賞をレコードで勝った【サトノヘリオス(牡、父エピファネイア)】。この馬ね、ここ2戦は取材の感触以上に走っている印象なんです。そのことを友道調教師にぶつけてみると、「何げに強いんだよね」と苦笑い。「追い切りでも遅れるし、まだ頭も高いんだけど、レースでは走る」とのことで、前走後もダメージはないようです。登録のあるホープフルSへ向かう予定で、鞍上は引き続き岩田望J。ここは川田Jが騎乗予定の【フィデル(牡、父ハーツクライ)】との2頭出しになりますね。

 栗東には11月の新馬を勝っている【セレシオン(牡、父ハーツクライ)】が栗東に戻ってきて、梅花賞で無傷の2連勝を狙います。「雰囲気は良くなっていますね。1回使った上積みは感じます」と友道調教師は話していました。あとは先週のゲート試験に受かった組ですが、世界的な血統馬といえる【ヒャッカリョウラン(牝、父Galileo、母Simply A Star)】は1月15日の中京芝2000メートルを武豊Jで、ラブリーデイの全弟になる【モーダルジャズ(牡、父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ)】は1月9日の中京芝2000メートルを予定しています。この2頭は徐々にピッチを上げていきそうですね。

 来週の阪神では25日の芝1800メートルでヴィルシーナ、ヴィブロスの半妹で、シュヴァルグランの全妹になる【イヴィステラ(牝、父ハーツクライ、母ハルーワスウィート)】がデビューします。鞍上はCデムーロJ。これ、今週のCWコースでラスト1ハロンが10秒9という時計を見て、驚いたんですが、「そんなには出てないと思うけどね」とトレーナーは冷静。ただ、成長曲線がかなり緩やかだと思っていたんですが、動いているのは間違いない。「(ゲート試験後に)間隔を空けて、よかった。しっかりしてきた。動きはいい。距離的には桜花賞というよりは、オークスを狙いたいイメージかな」と口にしています。デビュー戦が楽しみな雰囲気になってきました。

 あと、同週のデビューを予定していた【プレストバローズ(牡、父ドレフォン、母フェアリーダンス)】は成長を促すために放牧へ、28日の芝マイルを予定していた【ショショローザ(牝、父ロードカナロア、母マンデラ)】は1月8日の中京芝マイルにデビュー予定をスライドすることになりました。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中山4R・13パーカッション(相変わらず、芝からの砂替わり、外枠に入れば積極的に買います。ここもスムーズに流れに乗れば、力が一枚上)

 続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

阪神3R・14ショウナンラタン(同じ条件の2走前の走りを評価。もっと走れていい)

阪神11R・13メイショウケイメイ(まだ力はある。再度の51キロ、差しの利く馬場で)

中京9R・8マイネルヒッツェ(スムーズに先行策なら違うはず)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請