有馬記念・前哨戦!? 「ヤッターワン」「大馬神」etc.人気メカ8bitレース! JRA阪神競馬場がウェブ企画

スポーツ報知
悪党馬型メカ「ドクロホース」Ⓒタツノコプロ

 JRA阪神競馬場は、ウェブ限定スペシャル企画「HANSHIN KEIBA WINTER EXPO」内で、タツノコプロ・タイムボカンシリーズとコラボし、タツノコプロの人気メカたちがレースで競う「UMA ANIME PAVILION」を12月20日から公開することを12月17日、発表した。

 ファン投票で選ばれた人気のスターホースが集う有馬記念さながら、タツノコプロのタイムボカンシリーズが生んだ愛すべき人気メカたちが「最強メカロボ賞」に登場! ヤッターマンから「ヤッターワン」「ヤッターペリカン」「ヤッターアンコウ」、ヤットデタマンから「大馬神」、ゼンダマンから「ゼンダライオン」、タイムボカンから「タイムメカブトン」が、8bitの世界になった阪神競馬場を舞台にレースを繰り広げる。

 さらに、阪神競馬場が総力を挙げて開発したオリジナルメカ「ヤッターホース」、そのライバルとなる悪党馬型メカ「ドクロホース」も登場します。「ドクロホース」は、ドロンボー一味が「ヤッターホース」に打ち勝つべく開発した悪党メカで、秘密兵器「グラサン型ホライゾネット」を装着することで更に力をアップすることができる。

 なお、ゼッケン番号「1096」は「ドクロ」を表す。このメカは、「ヤッターホース」に続き、伝説のメカニックデザイナー大河原邦男氏が作画を担当。どのメカが1番強くて速いのか? 予想的中者の中から抽選で、ヤッターホース&ドクロホースのぬいぐるみやミニゼッケンなどがプレゼントされる。

 また、12月20日から、特設サイト内では、「歓声」をテーマにした武豊騎手のスペシャルインタビュームービーも公開する。2020年、競馬場から歓声が消えたあの日。ただのひとつの歓声も拍手もない、そんな競馬場で走り続ける馬と騎手は、どんなことを感じていたのか。オグリキャップ、ディープインパクト、キタサンブラックで有馬記念に優勝し、最大級の「歓声」を知る名手 武豊騎手が、当時の “競馬の「音」” を振り返り、その胸に抱く思いを伝える。

 その他、阪神競馬場公式Twitterにおいて、12月19日より、2021年阪神競馬場全636レースの優勝馬の写真が入ったデジタルフォトフレームが当たるプレゼントキャンペーンも実施する。

 詳細は以下のURLへ。

 https://hanshinkeiba‐winter‐expo.com/

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×