【ターコイズS】ドナアトラエンテ重賞初Vへ絶好仕上がり 国枝師「2か月ぶりでも状態はいい」

スポーツ報知
好仕上がりのドナアトラエンテ

◆第7回ターコイズS・G3(12月18日、中山競馬場・芝1600メートル)=12月17日、美浦トレセン

 ターコイズSに出走するドナアトラエンテ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎、父ディープインパクト)は決戦前日の17日、激しく雨が降る中、坂路を64秒1―15秒2で上がった。

 前走の府中牝馬Sでは4角11番手から勝ったシャドウディーヴァに0秒3差と迫る4着。「しまいを生かす感じの方がいいみたいだね。中山は問題ないし、2か月ぶりでも状態はいいよ」と国枝調教師も手応えの仕上がりだ。これまで重賞に4度挑戦し、福島牝馬Sの2着が最高。あと一歩と迫る重賞タイトルをつかみたい。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×